ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

サイト評価にご協力をお願いします。

野鳥情報を動画でお届けしています。
毎日、夜6時、Youtubeにて動画配信を目標に頑張ってます!
下のボタンで、チャンネル登録をお願いします。

※このブログの更新は夜7時頃になります
Facebookを開設しました!是非、お友達になってください m(._.)m
>>> Facebook birdlover.jp

ブログランキングに参加中です。
評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

フィールドノート - マナヅルカテゴリのエントリ

九州遠征・マナヅル White-naped crane

カテゴリ : 
マナヅル
執筆 : 
nobu 2016-12-12 19:54
しばらくブログ更新をお休みしておりましたが
実は九州へ探鳥旅行に行ってきました。

・私を熊本まで運んでくれた飛行機
飛行機


成田から2時間程で熊本空港(阿蘇くまもと空港)へ到着!
しかも「LCC」を使えば、片道数千円と激安です!


・飛行機からの熊本市内、鳥かん
熊本


熊本市内の様子を見ると
ブルーシートで屋根を被っている家がまだ多く有りまして
住民の方々のご苦労を感じました
熊本の人々は我慢強いので、弱音を吐いたりしませんが‥
頑張れ熊本!

私が真っ先に向かったのは

・熊本城
熊本城


二の丸駐車場から撮影
私のイメージでは「戦う城」といった感じがして
勇ましいエネルギーを放つお城です。

よく見ると屋根の一部に、4月の大地震の被害が残っています。
駐車場までの道程でも、崩れた石垣が見られました。

しかし、数年後には必ず修復されることでしょう。
逆に被害をうけたお城を見られるのは今だけです。
みんなで九州へ探鳥に行きましょう!
「がまだせ!熊本」

今日お届けする「九州の鳥」第一弾は
鹿児島県出水で撮影した「マナヅル」の群れ

2日目の朝
日の出と共に、出水の名所「ツル飛来地」を訪れました。
動画中、2種類のツルが登場しますが
大きくて目の周りが赤いのが「マナヅル」
一回り小さくて、頭にナベを乗せているのは「ナベヅル」です^^


《 朝のマナヅル 4K動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。

(真鶴、真名鶴、Grus vipio)


先ず「10,000羽」を超えるツルの群れを、初めて目のあたりにして
迫力に圧倒され、どこをどう撮ったらいいのか?
パニックになっていました


・吐息を吐くマナヅル
マナヅル


ねぐらから餌場へ飛び立って行く鶴の群れ
私がマゴマゴしていると、ツルはドンドン飛び立って行きます。
焦りまくる〜

・飛び立つマナヅル
マナヅル飛翔


これから数日間に渡り、九州各地をご紹介しながら
九州ならではの野鳥動画をご紹介していく予定です。
しばらくの間、おつきあい下さい‥

《 2016年 九州探鳥シリーズ・続編 》
» 鹿児島県出水「マナヅル」
» 鹿児島県出水「ナベヅル」
» 宮崎県「カラフトワシ」に挑戦
» 鹿児島県出水「クロヅル」
» 鹿児島県出水「ツクシガモ」
» 鹿児島県出水「ソリハシセイタカシギ」
» 熊本県「オオズグロカモメ」に挑戦
» 長崎県諫早「ホシムクドリ」
» 佐賀県「キュウシュウエナガ」
» 佐賀県「キュウシュウコゲラ」
» 特別天然記念物・出水ツル渡来地

評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1359)
今日も遠征報告の続編です。

数日前の京都新聞に「マナヅルが飛来」の記事が掲載され、
今回「西へ遠征」の大きなキッカケになりました。
こんなチャンスは滅多に有りません。
ここまで来たら「マナヅル」に会いたいところです。

しかし、新聞記事に書いてあった「M町の田園」は広すぎる。
どこまでも続く田圃 ∞ どこまで行っても「M町」∞

しかも忍者の里は複雑で、よそ者の私は迷子に‥

一時は諦めかけたのですが‥そんな時に
やはり頼りになるのは「地元バーダーさん」です‥感謝!
教えて頂いた現場に行ってみると‥

《 マナヅル動画1 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。


想像以上に鳥が近くてビックリ!
携帯電話で、マナヅルの写メを撮っているファミリーがいました(笑)

デジスコでは近すぎて、撮影が難しく、
いつも手持ちで使っているビデオカメラで撮影です。

まずは出会えた記念に静止画を切り出しておきます。
マナヅル


しかし、新兵器のコンデジを外すのを忘れてしまい、全身が入っていません。
慣れるまで時間がかかりそうです。

この鶴の右足には「6A1」と足環が付けられています。

足環の写真
マナヅル

新聞記事によると、この標識から、ロシア国内の保護区で、2011年に生まれ
2012年5月に自然に戻すために放鳥された。
という事が判っているそうです。

沢山撮ってきましたので、今日は動画を2部配信します。

《 マナヅル動画2 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。


ドンドン私に近づいてきます。 私はその度に後ろへ下がります。

顔を上げると、クチバシは泥だらけ!
「これでは写真にならない」と仰るカメラマンがおりましたが、
これも野鳥の世界と考える私は、泥だらけのクチバシに魅力を感じます。

「ワイルドだろ〜」
マナヅル

誰からもエサをもらっている訳では有りません。
必死にタニシを探す、この泥だらけの姿が、自然のマナヅルの姿なのだと思います。

一番近くに来たときに、全身の羽を逆立てました。
この時に舞い始めた小雪を振り払ったのかも知れません。

目の前で大きく膨れたマナヅル
マナヅル

撮影中、九州の出水市まで遠征したような、不思議な感じ‥
近畿地方で九州気分を味わう! 何だか得した感じです(笑)

今回、貴重な情報を頂きましたS田様、有り難うございました。
おかげ様で目的の鳥に出会えて、価値のある遠征になりました!

ビデスコでも撮影してきましたので、データの整理が出来次第、
「マナヅル第2弾」を予定しています。 

《 とにかく西へ遠征シリーズ続編 》
» 西へ遠征1 名古屋のニシオジロビタキ
» 西へ遠征2 琵琶湖のコハクチョウ
» 西へ遠征3 滋賀県のアカハジロ
» 西へ遠征4 忍者の里でマナヅル
» 西へ遠征5 ニシオジロビタキ第2弾

応援クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8394)

検索 Search

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

« « 2017 7月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブックマークのご案内

ブッックマーク・RSSの登録はこちら
↓ クリック ↓
Clip to Evernote

広告

お薦め図書

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ページの終端です。ページの先頭に戻る