ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

サイト評価にご協力をお願いします。

野鳥情報を動画でお届けしています。
毎日、夜6時、Youtubeにて動画配信を目標に頑張ってます!
下のボタンで、チャンネル登録をお願いします。

※このブログの更新は夜7時頃になります
Facebookを開設しました!是非、お友達になってください m(._.)m
>>> Facebook birdlover.jp

ブログランキングに参加中です。
評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

フィールドノート - ワシカモメカテゴリのエントリ

ワシカモメ Glaucous-winged Gull

カテゴリ : 
ワシカモメ
執筆 : 
nobu 2016-2-11 20:00
今日は茨城遠征の続編です。
海岸線で、ぼんやりとカモメの群れをながめていたら
初列風切(しょれつかぜきり)がグレーのカモメを発見しました。
もしかしたら「ワシカモメ」では? と思い
動画を撮影してきました。

《 ワシカモメ 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。

(鷲鴎、学名:Larus glaucescens)


「初列風切」なんて専門用語を使うと判りづらいですが
簡単に言うと翼を広げた時の先の方の羽で
折りたたむと、尾羽の上に飛び出ます。

・初列風切羽の部分
カモメ初列風切羽


「セグロカモメ」や「オオセグロカモメ」の初列風切羽は黒いですが
「ワシカモメ」はグレーです。

羽を広げてくれた瞬間と、全身写真を切り出しておきます。

・翼を広げて見せてくれたところ
ワシカモメ


・ワシカモメ全身
ワシカモメ


海の無い埼玉県民の私にとって
カモメは不慣れなもので、まったく自信はありません。
もしも間違えていたら、メールで教えて頂けると幸いです。

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2363)

西へ遠征・ワシカモメ探索のはずが

カテゴリ : 
ワシカモメ
執筆 : 
nobu 2013-2-14 19:38
今日も先日の遠征レポート続編です。
遠征2日目は「ワシカモメ」の目撃情報がある漁港に立寄ってみました。


漁港


目的の漁港に到着すると、防波堤に300羽以上のカモメ達が‥


カモメの群れ


それぞれ好きなカッコウで、お休み中!
お腹しか見えないのも‥


カモメの群れ


こんな状況の中で、カモメを識別するのは、至難の業です。
しかもカモメに慣れていない私では、余計に困難なこと。


カモメの群れ


地元のカメラマンの方々に合流させてもらい、一緒にワシカモメを捜索することに
しかし、二時間以上の捜索でも見つからない…

そんな中、私にとって最大の危機が訪れました!
時間が経つにつれ、同行の妻の機嫌が悪くなってきたのです。

「大阪で美味しいものでも食べよう!」と誘ったことを思い出しました。
「鳥見ばっかりで、まだ大阪らしいものを食べてない」との事

本場の「たこ焼き」をサービスエリアで食べたけど、それで満足してくれる訳がなく‥
「それじゃ「餃子の王○」でも行こうか?」と言ってみたが、首を縦に振りません。

ワシカモメを諦めて、急遽お昼を食べて帰ることになりました。


車に戻る時に何気なく見つけた、グレーのカモメ
カモメ


一瞬、羽繕いの時に顔を上げたのですが、クチバシは見えず。
この後はまた眠ってしまいました‥

初列風切の色がグレーに見えるのですが、角度が悪くて、良く確認ができない。
横に位置をズラして見たいのですが、少しでも場所を移動すると
漁船に隠れて見えない、微妙な位置に居るのです。

しかし
ワシカモメは諦めて食事に行かないと、もう遠征に行けなくなってしまう‥


・動くカニの看板のお店で、機嫌回復!
カニ


ワシカモメは、いつの日か銚子でリベンジしたいと思います。

帰りは渋滞を予想していましたが、
やはり大渋滞に巻き込まれ、10時間以上のドライブになりました。

野鳥動画が無いのは、アクセスして頂いた皆さんに申し訳無いので、
「メジロガモ」の公園で出会った、野鳥達をご紹介します。


《 大阪の公園で出会った野鳥達 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。



登場順に
1.岩乗り「ミコアイサ♂若」
2.愛想の良かった「セグロセキレイ」
3.枝被りが悔しい「アオバト」
4.ハイタカかオオタカか判断が付かない「鷹」

私の地元の公園に似ていて、住宅街の中にある都市公園ですが、
100羽を超えるマヒワの群れや30羽以上のエナガの群れなど
たくさんの野鳥を観察することができました。
やはり大阪の方が鳥の種類、個体数ともに多い印象を受けます。

どこに行っても、バーダーの方々は温かく迎えてくれました。
埼玉県からやって来た「鳥キチ」にも、親切にポイントを教えて下さいまして、有り難うございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

私も見習って、いつの日か他県から来られたバーダーの方々に恩返しをしたいと思います。
やっぱり野鳥が好きな人に悪い人は居ません。

《 西へ遠征シリーズ続編 》
» 西へ遠征1 カラムクドリ
» 西へ遠征2 白いヒドリガモ
» 西へ遠征3 メジロガモのハイブリット
» 西へ遠征4 ワシカモメ探し

応援クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7415)
今日は昨年に撮影したカモメをご紹介します。
カモメに不慣れな私には判別が難しく、とうとう1ヶ月以上も在庫になりました。
そこで広くバーダーの方々にご覧頂きまして、
ご意見をお伺いできれば幸いと思い、公開いたします。

昨年12月の小笠原旅行の際、父島から母島に向かう船上での事です。
一羽のカモメが「ははじま丸」を追って飛んできました。
全身が明るいグレーの羽で、クチバシは黒色。
普段はあまり見かけないカモメでしたので、必死に撮影してみました。

ワシカモメ

ははじま丸と一緒に母島港に入ってきました。
港を飛び回るカモメを動画撮影しておきました。

< ワシカモメ幼鳥 Glaucous-winged Gull >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っています。音量にご注意下さい。

ワシカモメ(鷲鴎、学名:Larus glaucescens)

動画に「JA小笠原島 母島支店」の建物や「ははじま丸」が写っています。

旅行から戻って1ヶ月以上の間、色々な図鑑やカモメ識別のサイトなどを調べました。
クチバシが黒い事から幼鳥であると判断して、色々なカモメの幼鳥の写真を比べてみました。
羽の初列風切が黒く無いことから「ワシカモメの幼鳥」と判断しました。

しかし、ワシカモメが日本の最南端に近い母島まで飛んで来る事は、あり得るのでしょうか?。
普段からカモメを見慣れていない、埼玉県民の私には限界が有ります。

しかし、いきなり人に聞いてたのでは失礼ですし、なにより自分が覚えない。
まずは自分自身で調べる事が大事と考え、ワシカモメと判断しました。

間違えておりましたら訂正したいと思いますので、カモメに詳しい方のご意見をお待ちしております。
※ご連絡は Eメールもしくは、Youtubeのコメント欄でお願い致します。
宜しくお願い致します。

評価クリックにご協力をお願いいたします。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日も初見の海鳥をお届けする予定です。お楽しみに!

>> 先日のコミミズクの記事はこちら




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8875)

検索 Search

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ブックマークのご案内

ブッックマーク・RSSの登録はこちら
↓ クリック ↓
Clip to Evernote

広告

お薦め図書

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ページの終端です。ページの先頭に戻る