ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

サイト評価にご協力をお願いします。

野鳥情報を動画でお届けしています。
毎日、夜6時、Youtubeにて動画配信を目標に頑張ってます!
下のボタンで、チャンネル登録をお願いします。

※このブログの更新は夜7時頃になります m(._.)m

ブログランキングに参加中です。
評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

フィールドノート - クビワキンクロカテゴリのエントリ

クビワキンクロ♀ Ring-necked Duck

カテゴリ : 
クビワキンクロ
執筆 : 
nobu 2014-12-15 19:47
アメリカに行くはずが、日本にたどり着いた鳥がいるという情報で
栃木県の池にスクランブル発進してきました
日の出前の池の畔は凍える寒さです

・日の出を迎えた池
朝の池


実は、昨年もこの池で出会ったのですが、その時は隠れてばかり
今期は2回目とあってか、とってもフレンドリーでした
動画撮影に成功です

《 クビワキンクロ♀動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします

(首輪金黒、学名:Aythya collaris)

しかし、相変わらず寝てばかり
キンクロハジロの♀に、とっても似ていますが、
オニギリ型の頭と目の白いアイリングで見分けることができます。

・クビワキンクロのオニギリ頭(右)とキンクロ♀(左)
クビワキンクロ


アメリカが生息地の鳥ですので、
通常、日本では見ることが出来ない珍しい鳥です。

・クビワキンクロ♀
クビワキンクロ


朝日が上がってくると、羽繕いやパタパタを見せてくれました。
なぜかカメラマンに背を向けます^^

・パタパタポーズ
クビワキンクロ


情報を頂きました皆さんに感謝!
そして珍しい鳥との出会いに感謝


評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3731)
まだ暗いうちに出発して「クビワキンクロ」が居ると言う沼へ遠征してきました。
現場に到着すると沼には沢山の「キンクロハジロ」の群れが。
この中から一羽のクビワキンクロを見つけるのは至難の業です。

レンズを向けていた地元カメラマンの方々に
「クビワキンクロはまだ居ますか?」とお聞きすると
親切に教えて下さいました。感謝!

最初は寝ていたのですが、朝日が昇ると少しづつ動き始めました。

《 迷鳥・クビワキンクロ動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。

(首輪金黒、学名:Aythya collaris)


クビワキンクロと言うと「黒いおにぎり頭」
をイメージするのですが、この子の頭は茶色!
体も白黒では無く茶色、白いアイリングが有る事から、
クビワキンクロの雌のようです。

・クビワキンクロ♀
クビワキンクロ


クチバシに有る「白いリング」が、クビワキンクロの特徴です。

似たような鴨が近くを通って行きました。
スズガモの♀でしょうか‥

・スズガモ♀との比較
クビワキンクロ


色は似ていますが、盛り上がった頭の形や目の感じが、
まったく違うことが判って頂けると思います。

今回も情報を頂きました先輩方と、
撮影にご一緒させて頂きました先輩方に感謝いたします。
おかげ様で、とても珍しい鳥と出会うことが出来ました!

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7206)
土曜日の夜でした、とあるブログを拝見していて「クビワキンクロ」が、
比較的近い場所に飛来して居る事を知りました。

クビワキンクロは、キンクロハジロによく似た水鳥です。
判りやすく言うと、アメリカ版キンクロハジロと言った鳥です。
毎年、キンクロハジロが飛来してくると、一羽ぐらい
クビワキンクロが入っていないかと、チェックをしているのですが、
今まで見た事は有りません。
鳥図鑑では、おにぎり型の頭が印象的で、いつかは見てみたいと
思っている憧れの鳥です。

いろいろな野鳥ブログを渡り歩き、私の推理力を働かせると、
静岡県のとある市街地までは、おぼろげながら判って来ました。
Googleマップで、その市街地を拡大して眺めていると、
とっても小さな貯水池が目に付きました。
名前も無い様な貯水池ですが、私はこの貯水池にクビワキンクロが
いる様な気がして、一人 妄想に入ってしまいました(笑)。
そう思うと、確認してみたくなるのが私の性分です。
翌日の日曜日は、行った事も無い静岡県の貯水池を目指して、
高速道路を走っていました。

サービスエリアからの富士山

あいにく霞がかかっていて、富士山を綺麗に望む事はできませんでした。
こんな事で、果たしてクビワキンクロに逢えるのでしょうか?

出発から2時間半程の時間で、目的の貯水池に到着しました。
金網に囲われたその貯水池は人が入れず、とっても見にくい場所でした。
また周囲は住宅街のど真ん中、こんな所に鳥がいるのか?
といった場所です。

それよりも不安になるのは、私以外に鳥見人が誰も居ない事です。
はずれだったのか?
まずはフェンス越しに、双眼鏡で「クビワキンクロ」を探してみました。


< 迷鳥 クビワキンクロ Ring-necked Duck >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。

クビワキンクロ (首輪金黒、学名:Aythya collaris)

見つけました!
私の推理は当たっていた様です。
クチバシの付け根に白い「M」の目印を発見!
潜水を繰り返していて、どうやら食事の時間だった様です。
なかなか撮影させてくれません。
池の波紋動画をたくさん量産しました(笑)。

Wikipediaで調べてみると。
===Wikipedia引用===
日本での初めての記録は1977年東京都の不忍池におけるもので、以降まれな冬鳥として、北海道、本州で時々記録されている。
===
とあります。かなり珍しい鳥さんです。

< クビワキンクロのバタバタとカイカイ >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。


一瞬、バタバタと羽根を広げてくれました。
おにぎり型の頭が、かゆい様でヒレで一生懸命にかいていました。
バタバタとカイカイを見せてもらいました。
嬉しい初見初撮りに、今日も動画を3部配信します。

< 迷鳥 クビワキンクロ Ring-necked Duck >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。


食事が終わったのか、少し羽繕いをはじめました。
やっとゆっくりと撮影ができると思ったのですが、
この後カワウに追われて、遠くに泳いで行ってしまいました。

金網越しの撮影で、しかも距離が有り、ピントが今ひとつなのが残念ですが、
出会えただけでもラッキーですね。

この池では、ヨシガモ、コガモ、ホシハジロなどと一緒に過ごしています、
一番活発に活動していたのが印象的でした。

お昼になり、せっかく海の近くに来たので漁港へ


大好きな海鮮丼で、クビワキンクロとの出会いをお祝いしました。
シラスとマグロが美味しかった。さすが静岡、ワサビも最高でした!
車の運転ですので、お酒は飲みません。静岡茶で祝杯です!

現場は住宅地ですので、江戸川河川敷「キガシラシトド」の様に、
カメラマンが集まれる様な環境では有りません。
ここの場所情報が広まってしまうと、問題になってしまう可能性が有りますので、
周知の事実になるまでは秘密にさせて頂きたいと思います。
何卒ご理解くださいませ。

いつも評価クリックにご協力を頂き、有難うございます。
皆様の評価クリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
ベスト3に入るようになりました! 現在のランキング順位はこちら!


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9814)

検索 Search

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ブックマークのご案内

ブッックマーク・RSSの登録はこちら
↓ クリック ↓
Clip to Evernote

広告

お薦め図書

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ページの終端です。ページの先頭に戻る