ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

サイト評価にご協力をお願いします。

野鳥情報を動画でお届けしています。
毎日、夜6時、Youtubeにて動画配信を目標に頑張ってます!
下のボタンで、チャンネル登録をお願いします。

※このブログの更新は夜7時頃になります
Facebookを開設しました!是非、お友達になってください m(._.)m
>>> Facebook birdlover.jp

ブログランキングに参加中です。
評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

フィールドノート - トウゾクカモメカテゴリのエントリ

トウゾクカモメ Pomarine Skua

カテゴリ : 
トウゾクカモメ
執筆 : 
nobu 2012-2-8 17:19
今日も昨年に撮影した海鳥をご紹介します。
海の鳥に不慣れな私には判別が難しく、とうとう1ヶ月以上も在庫になりました。
そこで広くバーダーの方々にご覧頂きまして、
ご意見をお伺いできれば幸いと思い、公開いたします。

昨年12月の小笠原旅行の際、東京に帰る船上での事です。
鳥キチガイな私は、潮をかぶりながらデッキで鳥を待っていました。
海上から、普段見かけない黒い鳥が飛立ちました。

トウゾクカモメ

私は、黒い大きなカモメが飛んできたと思って撮影していました。
自宅に帰ってから見返してみると、上の写真のように羽の裏に白い斑が有ります。
独特な模様の白い斑を頼りに、私なりに調べてみると、
ハジロミズナギドリだったようです。動画でご紹介します。

==訂正==
掲載後日に海鳥に詳しい深川様より、アドバイスを頂き、
トウゾクカモメである事を教えて頂きました。
そこで2/14この記事をトウゾクカモメに訂正させて頂きます。
深川様に感謝いたします。
====

< トウゾクカモメ Pomarine Skua >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っています。音量にご注意下さい。

トウゾクカモメ(盗賊鷗、学名:Stercorarius pomarinus)

Wikipediaから、この鳥の分布を引用します。
=====
ユーラシア大陸や北アメリカ大陸の北極圏で繁殖する。非繁殖期には赤道付近の熱帯地域から南半球(南アフリカ、オーストラリア、チリ周辺)まで南下する。

日本では、旅鳥または冬鳥として主に太平洋側の海上で観察され、春と秋には数が多い。夏期の観察例もある。
=====

撮影したのは12月の冬の太平洋。
小笠原へ向かう船の上で、一羽だけで飛んでいたのを確認。

今日ニュースで知ったのですが、絶滅したと思われていた、ミズナギドリの仲間、
英名「ブライアンズ・シアウォーター」が、小笠原で発見されたそうです。
パチパチパチパチ!
現在、和名を「オガサワラヒメミズナギドリ」とすることを提案しているそうです。
また小笠原に行く用事が増えてしまった‥。
>> ニュース記事はこちら

評価クリックにご協力をお願いいたします。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

カゼが良くなると安心していたら、今朝は微熱が発生!
またまた安静中の私です。
明日も初見の海鳥をお届けする予定です。お楽しみに!

>> 昨日のワシカモメ幼鳥の記事はこちら




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6398)

検索 Search

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

ブックマークのご案内

ブッックマーク・RSSの登録はこちら
↓ クリック ↓
Clip to Evernote

広告

お薦め図書

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ページの終端です。ページの先頭に戻る