ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

サイト評価にご協力をお願いします。

野鳥情報を動画でお届けしています。
毎日、夜6時、Youtubeにて動画配信を目標に頑張ってます!
下のボタンで、チャンネル登録をお願いします。

※このブログの更新は夜7時頃になります
Facebookを開設しました!是非、お友達になってください m(._.)m
>>> Facebook birdlover.jp

ブログランキングに参加中です。
評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

フィールドノート - ハシナガウグイスカテゴリのエントリ

今日は小笠原諸島「父島」に到着してからのご報告です。
父島に無事に到着して、港の公園で一休み。

公園のガジュマルの木がイルミネーションで飾られていました。
そうです、この日はクリスマスイブなのでした。



ちょうどお昼頃になり、公園でお弁当を広げようとしたら‥
見慣れた鳥が目の前を走って行きます。
慣れない船旅の疲れで、とうとう幻覚を見たのかと思いましたが、

ムナグロ


父島探鳥は「ムナグロ」からのスタートです(笑)。
お弁当を食べる私の脇を走り去って行きました。

父島はアップダウンが激しくて、自転車での移動は難しので、
バイクを借りる事にしました。

レンタバイク


山道の多い父島探索には、バイクがお薦めです。
幻の「アカガシラカラスバト」を見つけるべく、
まずは中央山を目指して、夜明け道路を走りました。

標識「鳥の飛び出し注意」


この鳥のモデルこそ「アカポッポ」(アカガシラカラスバト)です。
「アカポッポ」が飛び出してくれる道ならと、何度も往復してみましたが‥。
この付近には「東平アカガシラカラスバトサンクチュアリー」が有り、
アカポッポの生息環境を守るために保護区になっています。
しかし残念ながら、11月から3月までは立ち入り禁止。
繁殖活動を妨げないように、との配慮ですので仕方ないですね。
周囲の森を探索しました。

森では、メジロやウグイスの鳴き声が聞こえています。
小笠原の鳥達はとってもフレンドリーと聞いていますので、
いつも公園でやっているように、ウグイスの声マネをしてみました。
「チェッ、チェッ、チェッ、」「ホーホケキョー」と口笛を吹くと‥
さっそく返事が帰ってきて、私の周りにウグイスとメジロの群が飛んで来ました。

< オガサワラハシナガウグイス動画 >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※この動画には音声が入っています。音量にご注意下さい。

学名:Cettia diphone diphone

どんな奴が来たのか?
と興味津々の様子で、鳥達が集まってくれました。

しかし近いです! せっかくビデスコ背負って来たのに‥
そんなに近くてはカメラのピントが合いません。
足下から飛び出したり、私の回りを飛び回ってくれました。
公園で鍛えた私の鳴きマネは、島で大好評でした(笑)

動きが激しいので静止画を切り出してみます↓



オガサワラハシナガウグイスは、小笠原諸島だけに棲む固有亜種。
普通のウグイスに比べると体が小さくて、くちばしが長いのが特徴です。
小笠原諸島に広く分布していたのですが、北硫黄島などではすでに絶滅しています。
今後もネズミやヘビなどが、父島に持ち込まれない事を祈ります。

遊歩道で見つけたタイル画


明日は父島探鳥の続編をご報告予定です。
お楽しみに‥。

< 小笠原探鳥シリーズ続編 >
>> 小笠原探鳥8 アホウドリ観察ツアーについて
>> 小笠原探鳥7 オガサワラヒヨドリ
>> 小笠原探鳥6 ハハジマ‪メグロ‬
>> 小笠原探鳥5 クロアシアホウドリ
>> 小笠原探鳥3 オガサワラメジロ
>> 小笠原探鳥1 コアホウドリ

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様の評価クリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!




  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11348)

検索 Search

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー

« « 2017 7月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブックマークのご案内

ブッックマーク・RSSの登録はこちら
↓ クリック ↓
Clip to Evernote

広告

お薦め図書

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ページの終端です。ページの先頭に戻る