野鳥動画フィールドノート

フィールドノート - コクマルガラスカテゴリのエントリ

パンダガラス Daurian jackdaw

カテゴリ : 
コクマルガラス
執筆 : 
nobu 2016-11-26 17:28
田圃をパトロールしていると、
今期も「ミヤマガラス」の大きな群れを見つけました。
「コクマロちゃん」が入っていないか?
チェックをするのが、私の冬の楽しみです(変態?)

200羽を超える大きなカラスの群れの中を
スコープでパンダ柄を探してみると‥
発見!

《 コクマルガラス 4K動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします

(黒丸鴉、Corvus dauuricus)


ミヤマガラスの群れの中に、
申し訳なさそうに紛れ込んでいました
コクマルガラスだけが一カ所に集まっています。

・ミヤマガラスとコクマルの群れ
コクマルガラス


カラスの仲間なのですが、パンダ柄で可愛いですね。
まるで電線に止まった「ペンギン」のようでした。

コクマルはミヤマガラスよりも、一回り小さいです。

全身が黒い「黒色型」2羽と、お腹が白い「淡色型」2羽
合計4羽のコクマルガラスと出会いました。

・コクマルガラスのバリエーション
コクマルガラス


↑向かって左端が「黒色型」と右「淡色型」2羽

コクマルガラスは冬に日本へ飛来しますが、九州に多く、
関東で見られることは稀な冬鳥。
今期も出会えてラッキーです

昨日は「カッパ」でしたが、今日は「パンダ」でした^^

鳥運がアップするかも知れない、おまじないクリックはこちら→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1817)

「こくまろ」カラス Daurian jackdaw

カテゴリ : 
コクマルガラス
執筆 : 
nobu 2014-2-19 18:40
日曜日は雪が残る田圃をパトロールして来ました。
田圃の中に300羽を超えるカラスの大群を発見!

ブログのネタが切れて、ついにカラスまでも‥と
お思いでしょうが、そうでは有りません。
ここで見られるのは「ミヤマガラス」と言う珍しいカラスなのです。

・クチバシが特徴的なミヤマガラス
ミヤマガラス


しかも、私の本当の目的は‥
「ミヤマガラス」の群れの中に、稀に紛れ込んでいる「パンダ」です。

「こくまろ、こくまろ、こくまろ」と呪文を唱えながら^^
双眼鏡で真剣に探していると‥ 「見つけました!」
しかも白黒の「パンダガラス」です。しかも二羽!

・二羽のパンダ
コクマルガラス


「パンダガラス」と言うのは私が勝手に言っているだけで
本当の名前は「コクマルガラス」と言う鳥です。

自分がパンダ柄で可愛いことを自覚しているようで、
とっても警戒心が強く、なかなか撮らせてくれません。

車から降りると一斉に飛び立ちますので、
今回は車内から手持ちビデオでの撮影になりました。
手ブレ、ご容赦下さい。

《 パンダガラス動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。



「コクマルガラス」は主に中国大陸に生息しているカラスです。
九州などには越冬のために飛来すると聞きますが、
関東で見る事はとっても珍しい鳥です。

・3羽のコクマルガラス
コクマルガラス
左右の二羽は淡色型、中央の一羽は黒色型のコクマルガラス


・飛翔シーン
コクマルガラス


ブログのタイトルに「こくまろ」と書きましたが
本当は「コクマル」ですので、くれぐれもお間違えの無いように^^

こんな珍しい鳥の発見が、バードウォッチングの面白さです。

クリック評価にご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5461)
昨日のブログでは「パンダ鴨」(ミコアイサ)をご紹介しましたが、
今日は「パンダカラス」と私が勝手に思っている鳥をご紹介します。
群馬県を通りがかった際に、田圃を見ていたら、
作業中のトラクターの後ろに、カラスの群を発見しました。

< コクマルガラス Daurian jackdaw >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っています。音量にご注意下さい。

コクマルガラス(黒丸鴉、Corvus dauuricus)

ミヤマガラスの群の中に、パンダ柄のコクマルガラスを見つけました。
この日は暖かく、冬だというのに熱気で映像が揺れてます。
また田圃2枚分以上の距離が有り、あまりキレイには撮影できなかった‥。

出会えた記念に静止画を切り出してみます。↓


この地域を通る度にコクマルガラスがいないかと、
探索していたのですが、今まで見つける事ができなかった鳥です。
やっと会えたので、今日も特別に動画を2部配信します。

< 電線とコクマルガラス >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っています。音量にご注意下さい。


農作業のトラクターが帰ってしまった後、電線に集結していました。
ミヤマガラスとコクマルガラスは、琨群を形成してはいますが、微妙な距離で分かれている様です。

またコクマルガラスでも、黒いタイプがいます。
識別が難しいので、判りやすい様に静止画を切り出してみます。

コクマルガラスのタイプ画像


左から、コクマルガラス(黒色型)、コクマルガラス(淡色型)、ミヤマガラス
ミヤマガラスと比べて、かなり小さい事がわかります。

・コクマルガラス 全長33cm
・ミヤマガラス  全長47cm

「パンダカラスだ」と思われた方は、
評価クリックにご協力をお願いいたします。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日からは年末年始に出会った猛禽類をお届け予定です。
お楽しみに!

>> 昨日のパンダ鴨の記事はこちら




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8846)

サイト評価にご協力をお願いします。

野鳥情報を動画でお届けしています。
毎日、夜6時、Youtubeにて動画配信を目標に頑張ってます!
下のボタンで、チャンネル登録をお願いします。

※このブログの更新は夜7時頃になります
Facebookを開設しました!是非、お友達になってください m(._.)m
>>> Facebook birdlover.jp

ブログランキングに参加中です。
評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

検索 Search


高度な検索

スポンサー広告

鷹柱モビール

カテゴリ一覧

広告

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失