野鳥動画フィールドノート

フィールドノート - ダイゼンカテゴリのエントリ

ダイゼンのオスとメス Grey plover

カテゴリ : 
ダイゼン
執筆 : 
nobu 2017-8-19 20:07
今日は久しぶりにビデスコを担いで鳥撮りに出かけたのですが
収穫無し!

そんなことで、今日も在庫から
8月の上旬、仕事のついでに「三番瀬」に立ち寄った際
以前にご紹介した「オオソリハシシギ」「シロチドリ」と一緒に
「ダイゼン」を発見しました。

《 ダイゼンのオスとメス動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。

(大膳、Pluvialis squatarola)


この日は3羽ほどの小さいな群れでしたが、
もう秋の渡りが始まっているのですね。

とうとう在庫動画も底をつきました!
ブログ崩壊の危機が迫っています。

野鳥動画以外のネタを少し考えて行かなければ‥

>> ダイゼンの詳細はこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (588)

ダイゼンとムナグロ比較 Grey plover

カテゴリ : 
ダイゼン
執筆 : 
nobu 2013-10-6 18:50
9月の三番瀬探鳥の続編です。
干潮の海では、色々なシギチドリを見る事ができました。
今日は旅鳥の「ダイゼン」をご紹介します。

《 ダイゼン Grey plover 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。

(大膳、Pluvialis squatarola)

ダイゼンの分布は、
夏季にカナダ北部やロシア北部、アラスカ北部の北極海沿岸部で繁殖し、
冬季になると大西洋、太平洋、インド洋の沿岸部で越冬する。
日本には渡りの途中で飛来する旅鳥です。

・ダイゼン Grey plover
ダイゼン

この日、約10羽程の群れと出会いました。

地元の田圃に飛来する旅鳥の「ムナグロ」によく似ていますね。
比較の為、8月に田圃で撮影したムナグロの動画を貼っておきます↓

《 ムナグロ Pacific Golden Plover 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。

(胸黒、英名Pacific Golden Plover、学名:Pluvialis fulva)

ムナグロの分布は
夏季にシベリアとアラスカ西部のツンドラで繁殖し、
冬季は東南アジアやオーストラリア、インド、アフリカ東部などで越冬する。

大きさはダイゼンの方が大きいようです。
・ダイゼン:全長約29cm
・ムナグロ:全長約24cm

・ムナグロ Pacific Golden Plover
暑い~

英語表記の名前の方が、特徴をつかんでいて、判りやすいですね。
グレーに見える方が「Grey plover」(ダイゼン)で、
ゴールデンに見える方が「Pacific Golden Plover」(ムナグロ)

《 2013年 9月・三番瀬 》
» 「ハジロコチドリ」 Ringed Plover
» 「オバシギ」と「コオバシギ」
» 「ソリハシシギ」と「オオソリハシギ」
» 「ムナグロ」と「ダイゼン」の比較
» いろんな「ミユビシギ」 
» 「オオメダイチドリ」の群れ


評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12780)

谷津干潟 ダイゼン Black-bellied plover

カテゴリ : 
ダイゼン
執筆 : 
nobu 2010-8-24 21:00
今日も先日行った谷津干潟の続編です。
かなり人見知りで遠かったですが、沢山のダイゼンを発見しました。

<ダイゼンの食事シーン動画>
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。

ダイゼン(大膳、Pluvialis squatarola)

かなり距離が有り、ビデスコでやっと撮影できました。
何度か「ピーユー」と言う鳴き声を聞かせてくれました。
ゴカイを引っ張り出して食べていました。
良く見つけるものですね。

シギチドリ達は色が地味で、探鳥のモチベーションが上がらないのですが、
今回の干潟の中で輝いて見えた鳥がいました。
その鳥は、アオアシシギです。

<アオアシシギ動画>
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。

アオアシシギ(青足鷸、学名:Tringa nebularia)

白さが干潟の中で引き立て居ました。
若干上に反り上がったクチバシが、とても気に入りました。

太陽がジリジリと私の頭を攻撃してきます。
帽子をかぶっていても無駄な抵抗でした。
帽子の中も蒸れて、頭は蒸し風呂のような状態です。
早々に干潟から退散してきました。

片道1時間半かけて遠征したのに、40分間程の探鳥で撤収です。
残念です。
もう少しじっくりと干潟の鳥を堪能したかった。

海の無い埼玉県在住の私にとって、干潟のシギチドリ類は敷居が高い所ですが、
沢山の旅鳥と出合う事が出来て勉強になった日でした。
これからシギチドリも、覚えて行きたいと思います。

長旅の途中のシギチドリ達に、応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

今回の谷津干潟で出会った野鳥紹介↓
>> キョウジョシギの記事はこちら
>> キアシシギ&メダイチドリの記事はこちら
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11835)

サイト評価にご協力をお願いします。

野鳥情報を動画でお届けしています。
毎日、夜6時、Youtubeにて動画配信を目標に頑張ってます!
下のボタンで、チャンネル登録をお願いします。

※このブログの更新は夜7時頃になります
Facebookを開設しました!是非、お友達になってください m(._.)m
>>> Facebook birdlover.jp

ブログランキングに参加中です。
評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

検索 Search


高度な検索

野鳥グッズ紹介

▼▼ 野鳥グッズ「Earth Lab」▼▼

カテゴリ一覧

広告

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失