野鳥動画フィールドノート

フィールドノート - 201305のエントリ

アビ・夏羽 Red-throated Loon

カテゴリ : 
アビ
執筆 : 
nobu 2013-5-11 19:13
一週間程前に、とある野鳥ブログで「アビの夏羽」の記事を拝見して、
関東の漁港に入って居ることを知りました。

休みの土曜日まで、居てくれることを願いつつ、
やっと今日を迎えたのですが、あいにく天気予報は「雨」‥

日本でアビの夏羽の姿を見られるチャンスは、滅多に有りません。
もう抜けているかも知れませんが、ダメで元々!
とにかく現場へ行ってみることしました。

《 アビ・夏羽動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。

(阿比、Gavia stellata)

まだ、居てくれました!
漁港の隅で潜水を繰り返し、エサ捕りの最中でした。

アビは、嬉しい初見の鳥です。しかも夏羽。
記念に静止画を切り出しておきます。

パタパタ
アビ

ノドの赤い部分がとっても印象的です。

特徴的な後頭部の縦縞模様。
アビ


上の写真のように、左足を伸ばしたままの状態が続き、
もしかすると左足の具合が悪いようです。
泳ぐ時や潜水の時は、右足だけで水を掻いていました。
じっくり休んで、回復してくれることを祈ります。

しっかりと距離をとって撮影をしていたのですが、
私の方へ、ドンドン近づいてきました。
次の動画は、かなり近い距離です。

《 ドンドン迫ってくるアビ動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。


人に慣れているわけではないと思いますが、
私が困るほど、ドンドン近づいて来てくれました(笑)

お天気が良くて明るければ、もっと色が表現できたかも知れません。
少し残念ですが、逢えただけでもラッキーです。
アップ目で記念写真を切り出しておきます。

宇宙からの使者
アビ

そういえば‥ アビの目の前、約10メートル程の距離で、
フラッシュをたいて撮っているカメラマンが居てビックしました。
今朝の天気は曇り。漁港は薄暗かったですが‥
鳥が飛んでしまうので、教えて上げたほうが良いかと思っている間に、
さすがのアビ君も驚いて、漁港の反対側へ逃げて行きました。
ただの初歩的なカメラの設定ミスなら、仕方ないと思うのですが‥

とにかく、アビの足の回復を祈ります。
撮影中は、雨に降られること無くラッキーでした。
鳥の神様と天気の神様に感謝!

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14396)

渓谷の黄色 Grey Wagtail

カテゴリ : 
キセキレイ
執筆 : 
nobu 2013-5-10 20:23
今日の記事は、GWに遠征した渓谷探鳥の続編です。
以前に来た時に「ミソサザイ」が巣を作っていた場所が
どうなっているか見てみると、巣は残っているのですが、
残念ながら巣を放棄してしまったようです。

その原因は、直ぐ近くにキセキレイが営巣を初めて、
ミソサザイが追い出されてしまったとのことです。

《 キセキレイ抱卵 動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。

(黄鶺鴒、学名:Motacilla cinerea)

キセキレイは抱卵中でした。
出会えた記念に静止画を切り出しておきます。

抱卵中のキセキレイ
キセキレイ

親鳥がお留守のときに、卵をチラッと見ることができました。

キセキレイの卵
キセキレイの卵

子育てが無事に成功することを祈っています。

キセキレイ
キセキレイ

渓谷では、キセキレイ以外にも「黄色い鳥」と出会いが有りました。
渓谷で出会った「キビタキ」をおまけで貼っておきます。

《 キビタキ♂動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。

(黄鶲,学名:Ficedula narcissina)

「キビタキ」がおまけだなんて、贅沢なブログになってきました。

キビタキ♂
キビタキ

渓谷シリーズは、まだ続きます‥

《 2013年5月のM渓谷・続編 》
» カワガラスの給餌
» オオルリのさえずり
» キセキレイの抱卵
» 真上のサンショウクイ

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18098)
ゴールデンウィクに立寄った谷津干潟では、
夏羽のオオメダイチドリと出会うことができました。

《 オオメダイチドリ夏羽動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。


たくさんの「メダイチドリ」の中に、1羽だけ紛れ込んでいました。

夏羽のオオメダイチドリは初見です。
記念に静止画を切り出しておきます。

オオメダイチドリ夏羽
オオメダイチドリ夏羽

かなり距離が有って、満足には撮影できませんでした。
ちょっと残念。

オオメダイチドリの分布をWikipediaから引用します
===
トルコから中央アジアにかけての地帯で繁殖し、
冬期はアフリカ東部、インド、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドに渡り越冬する。
日本へは旅鳥として渡来する。北日本や日本海側での記録は少ない。
南西諸島では比較的多く渡来し、少数は越冬する。
===引用ここまで===

メダイチドリも夏羽のオレンジ色がキレイでした。

《 メダイチドリ夏羽動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。


メダイチドリの分布を、Wikipediaから引用します
===
ユーラシア大陸中東部で局地的に繁殖し、
冬期はアフリカ東部、中東、東南アジア、オーストラリアに渡り越冬する。
日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来する。
関東地方以西では、少数が越冬する。
===引用ここまで===

オレンジ色の夏羽
メダイチドリ夏羽

たまたま「オオメダイチドリ」と「メダイチドリ」の
両方を見る事ができましたので、とても似ている2羽の
比較画像を作っておきたいと思います。

メダイチドリ比較

オオメダイチドリのクチバシと足が、かなり長いことが判ります。

写真は並べただけなので、大きさの比較になりませんが、
実際には、オオメダイチドリの方が一回り大きいです。
オオメダイチドリ:全長約24cm
メダイチドリ:全長約19cm

《 2013年GWの干潟の鳥・続編 》
» トウネン夏羽
» オオメダイチドリ夏羽とメダイチドリ夏羽
» アジサシの群れ
» オバシギ夏羽とキョウジョシギ夏羽

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16324)

渓谷のオオルリ Blue-and-White Flycatcher

カテゴリ : 
オオルリ
執筆 : 
nobu 2013-5-8 19:12
今日のブログは
ゴールデンウィークに遠征した渓谷の続編です。

渓谷

朝の渓谷は、たくさんのオオルリの声が響いていました。
渓流沿いを散策していると、早速オオルリの登場です。

《 オオルリの雄と雌・動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。

(大瑠璃、学名Cyanoptila cyanomelana)

同じポイントで雄と雌に出会いました。
記念に静止画を切り出しておきます。

オオルリ♂
オオルリ♂

背中のブリーの羽が輝いていました。

オオルリ♀
オオルリ♀

数年この渓谷で、オオルリの繁殖活動を観察させて頂いています。
今季も子育てに成功することを祈ります。

別の場所では、2羽の雄が激しく鳴き合っていました。
どうやら縄張り争いのようです↓

《 オオルリの囀り動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。


とってもキレイな雄の成鳥、大きな声で鳴いていました。
出会えた記念写真を切り出しておきます。

オオルリの囀り


渓谷のオオルリは堂々としていて、
公園で出会うオオルリとは、スケールが違いますね。

《 2013年5月のM渓谷・続編 》
» カワガラスの給餌
» オオルリのさえずり
» キセキレイの抱卵
» 真上のサンショウクイ

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16558)

田圃に飛来した旅鳥 Whimbrel

カテゴリ : 
チュウシャクシギ
執筆 : 
nobu 2013-5-7 18:18
先月末頃から地元の田圃に水が入りました。
この時期になると、旅のシギ類が飛来してきます。

S公園近くの田圃
田圃

先日、日本を通過して行く旅鳥を求めて、田園をパトロールしてみました。

《 田圃に飛来した旅鳥 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
周囲の音が入っています、音量にご注意ください。


今季も「チュウシャクシギ」も「ムナグロ」に逢うことができました。
動画の前半は「チュウシャクシギ」、後半は「ムナグロ」です。
記念写真を切り出しておきます。

畦道を餌を探して歩くチュウシャクシギ
チュウシャクシギ

耕したばかりの田圃では、ムナグロを見つけるのは苦労します。

ムナグロ♂と♀
ムナグロ

日本の田圃で休憩をとって、シベリア方面へ向けて旅を続けます。
旅の無事を祈ります。

また、公園では、夏鳥達が通過していきました。
今日のおまけ動画は、公園で出会った「キビタキ♂」です。

《 公園のキビタキ 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。


ゴールデンウィークに公園で一休みしたキビ君。
静止画を切り出しておきます。

キビタキ♂


公園では小さな声で鳴いていましたが、
今頃は山に着いて、大きな声でさえずっている事でしょう‥

《 2013年5月の田圃・続編 》
» タマシギのつがい
» 旅鳥チュウシャクシギ
» アマサギ夏羽

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13038)

トウネン夏羽 Red-necked Stint

カテゴリ : 
トウネン
執筆 : 
nobu 2013-5-6 19:56
ゴールデンウィーク最終日の今日は、
海のシギチドリを探索に三番瀬へ行ってみました。

干潮の三番瀬
三番瀬

冬は地味なシギチドリ達も、夏羽はキレイな色に変身します。
赤色に変身した「トウネン」に出会いました。

《 トウネン・三番瀬 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
周囲の音が入っています、音量にご注意ください。

(当年、学名: Calidris ruficollis)


小さくて可愛らしい鳥ですが、
動きが激しくて、カメラマン泣かせの鳥です。

今まで海で出会うことは有りましたが、
撮影したのは初めてです。
初撮りの記念写真を切り出しておきます。

メダイチドリと
トウネン

何だかボディガードに守られている様ですね(笑)
トウネン:体長 13-16cm
メダイチドリ:体長 19-21cm

帰り道「谷津干潟」に立寄ると、
ここでも2羽のトウネンに出会いました。

今日は動画を2部配信します。

《 トウネン・谷津干潟 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
周囲の音が入っています、音量にご注意ください。


もしかしたら、三番瀬で出会った2羽が
谷津干潟まで追いかけて来たのでしょうか?
キョウジョシギとの記念写真を切り出しておきます。

トウネン


一緒に写ったキョウジョシギが、怪物のようにデッカく見えます。
トウネン:体長 13-16cm
キョウジョシギ:体長:22cm

真っ赤な顔のトウネン夏羽
トウネン夏羽

家に帰って、自分の顔を鏡で見てビックリ!
顔が真っ黒に焼けてました。
私もだんだん、夏羽に変わって行くのでした‥(笑)

《 2013年GWの干潟の鳥・続編 》
» トウネン夏羽
» オオメダイチドリ夏羽とメダイチドリ夏羽
» アジサシの群れ
» オバシギ夏羽とキョウジョシギ夏羽

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16398)

カワガラスの給餌 Brown Dipper

カテゴリ : 
カワガラス
執筆 : 
nobu 2013-5-5 18:47
昨日はM渓谷へ遠征してきました。

朝の渓谷
M渓谷

約2週間前は、滝の中で営巣していた「カワガラス」でしたが
現在はヒナが巣から出ていて、親は餌やりに大忙しです。

早朝の渓谷では、餌をねだるヒナ鳥の鳴き声が聞こえてきました。

《 カワガラスの給餌シーン 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
周囲の音が入っています、音量にご注意ください。



甘えるヒナに、餌を運ぶ親鳥。
背後の天然BGMは、渓流の音とオオルリの囀りです。

出会えた記写真を切り出しておきます。

甲斐甲斐しく餌を運ぶ親鳥
カワガラスの給餌


ヒナは、既に親鳥よりも大きくなって肥えてますね(笑)
それでも、羽をバタつかせて餌を欲しがる姿をみると、
親鳥は頑張るのでした!

うるさい現場監督と働き者(笑)
カワガラスのヒナ


親鳥の愛情溢れる場面に出会えて、感激しました。
ヒナが独り立ちする日も近いことでしょう。

今日は子供の日

鯉のぼり
鯉のぼりの大群

子供達、ひな鳥達の健やかな成長をお祈りいたします。

《 2013年5月のM渓谷・続編 》
» カワガラスの給餌
» オオルリのさえずり
» キセキレイの抱卵
» 真上のサンショウクイ

《 2013年春&初夏 ヒナ特集・続編 》
» フクロウのヒナ
» サカツラガンのヒナ
» コブハクチョウのヒナ
» トラフズクのヒナ
» カイツブリのヒナ
» コアジサシの抱卵とコチドリのヒナ
» カワガラスのヒナ

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17997)

キレイになったヒクイナ Ruddy crake

カテゴリ : 
ヒクイナ
執筆 : 
nobu 2013-5-4 19:59
今日は渓谷へ遠征して来たのですが、
少し張り切り過ぎて、お疲れモードなので、
探鳥の成果は後日改めてご報告いたします。

そこで、今日のブログは在庫から
隣町に登場した「ヒクイナ」の続編です。

昨年の年末に一度会いに行った「ヒクイナ」
繁殖期になり、赤い色もキレイになっているとのこと‥
先日様子を見に行ってみました。

《 クヒクイナ動画1 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
BGMが入っています、音量にご注意ください。

(緋水鶏、緋秧鶏、学名:Porzana fusca)

やはり繁殖期の「赤」は、鮮やかでした。
静止画を切り出しておきます

ルビーの様な瞳
ルビーの瞳

足も真っ赤です。
ヒクイナ2


たくさん撮ってきましたので、今日は動画を2部配信します。

《 クヒクイナ動画2 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
BGMが入っています、音量にご注意ください。



ヒクイナ3

環境省のレッドリストでは「準絶滅危惧(NT)」に指定されている鳥です。
個体数が増えれくれる事を祈ります。

地域の方々の清掃活動で、川のゴミが無くなり、キレイになりました。
川の環境を守り、ヒクイナを温かく見守っている地域の方々に感謝いたします。

昨年の年末に出会ったヒクイナはこちら↓
http://www.birdlover.jp/modules/d3blog/details.php?bid=1040

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12099)
ゴールデンウィークの前半に、多摩川の河口を探索してみました。

この日は正午ぐらいが干潮の日で、私が到着したのが、丁度お昼でした。
川にはたくさんの家族連れが入っていて、ビックリ!

多摩川の潮干狩り
潮干狩り

「シジミ」が取れるそうです。
テレビでも紹介され、地域の潮干狩りポイントになっているようです。

中州まで、ゴムボートで潮干狩りの人が入っていました。
これでは、野鳥達も寄り付かないでしょう。
探鳥を諦めて帰ろうとした時でした。

1羽の白いアジサシが飛んできました。

《 クロハラアジサシの飛翔 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
周囲の音が入っています、音量にご注意ください。

(黒腹鯵刺、学名:Chlidonias hybridus)

最初は「アジサシ」と思って撮影していましたが、
よくよく見ると、お腹が黒く「クロハラアジサシ」のようです。

出会えた記念写真を切り出しておきます。

赤黒いクチバシに、黒いお腹
クロハラアジサシ

頭にごま塩が残ってますね。
夏羽に移行中の個体かと思われます。

クロハラアジサシ

クロハラアジサシは、日本では旅鳥として、
5月から10月にかけて各地で観察されますが、
飛来数は少ない鳥です。

ユリカモメと
クロハラアジサシ

ユリカモメと比べると、かなり小さいですね‥
(体長23-29cm。翼開長は64-70cm)

「腹黒アジサシ」ではありませんよ
「クロハラアジサシ」です! くれぐれも‥(笑)

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13684)

タマシギのつがい greater painted snipe

カテゴリ : 
タマシギ
執筆 : 
nobu 2013-5-2 20:59
田圃に水が入り田植えが始まりました。

田圃

最近は「タマシギ」を探して田圃を探索しています。
やっとタマシギに出会うことができました。

《 タマシギ♂動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
強風の為に音を消してあります。



動かないタマシギの雄は、完璧な保護色で、
見つけるのに苦労しました。

出会えた記念写真を切り出しておきます。

保護色のオス
タマシギ♂

近くでは、メスも動かないでジッとしていました。

《 タマシギ♀動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
強風の為に音を消してあります。


鳥の世界では珍しくメスの方が派手な色ですね。

ワインレッドの顔が印象的
タマシギ♀

赤い顔に白いアイリングが個性的です。

今まで田圃で見かけることは有りましたが、
タマシギを撮影できたのは初めてでした。
嬉しい初撮りです!

《 2013年5月の田圃・続編 》
» タマシギのつがい
» 旅鳥チュウシャクシギ
» アマサギ夏羽

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!

明日はどんな鳥が登場するのか? お楽しみに!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12241)

サイト評価にご協力をお願いします。

野鳥情報を動画でお届けしています。
毎日、夜6時、Youtubeにて動画配信を目標に頑張ってます!
下のボタンで、チャンネル登録をお願いします。

※このブログの更新は夜7時頃になります
Facebookを開設しました!是非、お友達になってください m(._.)m
>>> Facebook birdlover.jp

ブログランキングに参加中です。
評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

検索 Search


高度な検索

野鳥グッズ紹介

▼▼ 野鳥グッズ「Earth Lab」▼▼

カテゴリ一覧

広告

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失