野鳥動画フィールドノート

フィールドノート - サメビタキカテゴリのエントリ

サメビタキ Dark-sided flycatcher

カテゴリ : 
サメビタキ
執筆 : 
nobu 2016-9-24 17:58
今日は奥日光で出会った小鳥をご紹介します。

・戦場ヶ原で見つけた「自然の造形美」
自然の造形美


とある駐車場の周辺を探索していたら、一羽の小鳥と出会いました。
枝の上でマッタリしているその鳥は「サメビタキ」でした

《 サメビタキ 4K動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。

(鮫鶲、学名:Muscicapa sibirica)


残念ながらピントがイマイチでしたが
出会いを記念して、静止画を切り出しておきます。

・サメビタキ
サメビタキ


この後なんと、私の頭上の木に飛んで来てくれました。
好奇心で私を見に来てくれたのでしょうか?
ビデスコでは限界の近さ!
動画は撮れなかったのですが、一瞬ピントが合ったところを
切り出しておきます。

・至近距離のサメビタキ
サメビタキ


実はこの時、「コサメビタキ」と縄張り争いをしていたのです。
次回は、仲良くケンカしていた「コサメビタキ」をご紹介しながら
両者の比較検証をしてみたいと思います。

>> 次回のコサメビタキとサメビタキ比較記事はこちら

皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2690)

サメビタキ Dark-sided Flycatcher

カテゴリ : 
サメビタキ
執筆 : 
nobu 2013-10-31 17:47
今日も先日ご紹介したM公園の続編です。

・M公園
公園


前回は「エナガ」や「シジュウカラ」が水浴びをする動画をご紹介しましたが、
そんな水場を羨ましそうに遠くから見つめる、一羽の鳥を発見しました。

ヒタキ類ですが「コサメビタキ」よりは大きくて、
胸の辺りの色はグレーに見えます。

《 サメビタキ動画 》
画像をクリックすると動画再生がスタートします。

(鮫鶲、学名:Muscicapa sibirica)


胸の模様が「エゾビタキ」に比べると淡い模様です。
どうやら「サメビタキ」のようです。

「コサメビタキ」や「エゾビタキ」に比べると
あまり出会う機会の少ない鳥だけに、嬉しい出会いでした。
出会えた記念に静止画を切り出しておきます。

・サメビタキ
サメビタキ


水場の上まで来たのですが、警戒して飛去りました。
いつの日か、明るい場所でキレイに撮って上げたい鳥です。

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様のクリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
現在のランキング順位はこちら!




野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6675)

キビタキ♀&サメビタキ Dark-sided flycatcher

カテゴリ : 
サメビタキ
執筆 : 
nobu 2011-9-25 18:07
今朝も秋の渡り鳥を求めて、地元の公園を探索しました。
今日は「サメビタキ」「キビタキ」と出会う事ができました。

< サメビタキ Dark-sided flycatcher‪ ‪>‬‬
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※この動画は消音設定にしてあります。

サメビタキ(鮫鶲、学名:Muscicapa sibirica)

渡って来たばかりで落ち着かない様です。公園の中を飛び回っています。
胸の色が濁っていて、サメビタキと判断しました。
(もしかしたらコサメビタキかも‥)
三羽以上の群を確認したのですが、キビタキ♀も混ざっていました。↓

< キビタキ♀Narcissus Flycatcher ‪ ‪>‬‬
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※この動画は消音設定にしてあります。

キビタキ(黄鶲,学名:Ficedula narcissina)

同じ場所で、同じヒタキ科では見分けを付けるのは大変です。
撮影している時は、全部キビタキの雌と思って撮影していました(笑)。
動画から静止画を切り出して、比較してみます。

< キビタキとサメビタキの比較画像 >


キビタキ♀左、サメビタキ右

二羽ともほぼ同じサイズでした。
サメビタキの目は大きくて、白いアイラインが太く見えます。
また目先に白い部分があります。
サメビタキのクチバシの付け根には、オレンジ色の部分が見えます。

ノドから胸にかけての色や模様が違います。
キビタキは少し茶色ですが、サメビタキは白をベースにして、
所々が濁った色になっています。

また背面の羽の模様も違います。↓

< サメビタキの羽 >


サメビタキの羽には太い縁取りが有ります。
この時期は両方ともが同じ場所に出現するので、とっても紛らわしく困ります。
ここで、もう一度サメビタキの動画を。

< サメビタキ Dark-sided flycatcher 2 ‪‪>‬‬
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※この動画は消音設定にしてあります。


秋の渡りの時期は、同じヒタキ科の鳥達が同じ場所に集まるので、
見分けるのが大変です。

明日も公園に飛来した鳥を紹介予定です。
お楽しみに!

評価クリックにご協力をお願いいたします。
皆様の評価クリックが、私のブログ更新の励みになっています。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
皆様のおかげで、ベスト3に復活してきました!
現在のランキング順位はこちら!

野鳥エコバック
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8872)

旅鳥 サメビタキ Sooty flycatcher

カテゴリ : 
サメビタキ
執筆 : 
nobu 2010-9-20 19:16
今日も、秋の旅鳥を求めてS公園でバードウォッチングです。
このところ鳥さんの出る時間帯が遅いので、私も遅めに公園に入りました。
どうやら正解だったようです。
早速出迎えてくれたのは、エゾビタキの群れでした。

< 旅鳥 エゾビタキ映像 >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。

エゾビタキ(蝦夷鶲、学名:Muscicapa griseisticta)

午後に出会ったエゾビタキの群れの中に、胸の白い個体を発見!
もしかしてオオルリの雌かと思い追いかけました。

すると

< 旅鳥 サメビタキ映像 >
画像をクリックすると動画再生がスタートします。
※周囲の音が入っていますので、音量にご注意ください。

サメビタキ(鮫鶲、学名:Muscicapa sibirica)

サメビタキ系の判別は、私のような初心者には難しい所です。
胸の縦模様が無いので、エゾビタキでは無いと考え、
羽の大雨覆が白いラインが見える事で、コサメビタキでは無いと考え、
消去法で、サメビタキと判断しました。
もしも間違えていましたら、アドバイスをお願い致します。

先日のコサメビタキと判断した記事がありますが、
このときは、
胸の縦模様が無いので、エゾビタキでは無いと考え、
羽の大雨覆の白いラインが見え無いので、コサメビタキと判断しました。
しかし、この時の映像はピンボケで、
羽までハッキリと写っていませんので、
もしかするとサメビタキだったかも知れません。

>> 9月15日コサメビタキの記事はこちら
http://www.birdlover.jp/modules/d3blog/details.php?bid=334

その後夕方まで、今日は一日公園内を歩き回りました。
いつもより成果が有りました。

ツツドリ赤型

とっても枝かぶりの場所に出まして、こちらを振り返っています。
公開するのも恥ずかしい程の写真ですが、
出会えた事が嬉しくて、証拠写真になればと思い公開します。
証拠にもならない写真なんて言わないください。
これが精一杯でした。暗かったので明るく補正しています。

○○ムシクイ

暗い山の中で見つけました。
この時期は鳴いてくれませんので、センダイムシクイなのか、
メボソムシクイなのか、判断が付きませんでした。
どこに鳥が写っているかって。すいません‥。
これが私の精一杯でした。
飛び立つ一瞬を、枝かぶりでお届けしています。

旅の途中に立ち寄ってくれた小鳥達に、
応援のクリックをお願いします。 → にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチング
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10644)

サイト評価にご協力をお願いします。

野鳥情報を動画でお届けしています。
毎日、夜6時、Youtubeにて動画配信を目標に頑張ってます!
下のボタンで、チャンネル登録をお願いします。

※このブログの更新は夜7時頃になります
Facebookを開設しました!是非、お友達になってください m(._.)m
>>> Facebook birdlover.jp

ブログランキングに参加中です。
評価クリックにご協力をお願い致します。→ にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

検索 Search


高度な検索

野鳥グッズ紹介

▼▼ 野鳥グッズ「Earth Lab」▼▼

カテゴリ一覧

広告

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失